ありがとうございます。アンパンマン号★のKINGと申します。

さて、表題にも記載しましたが、先日から日本戦(イベント)にて全壊対策配置

と対峙する機会が多くありました。

最近当クランはTH9以下はパーフェクトという状況を何度も達成することができております。

ただし、相手配置はテンプレ配置や援軍を楽につり出せる配置です。

日本戦になると、ほとんどが全壊対策配置なので、初見殺しの配置も多く大変苦戦しました。

私自身もですが経験が足りていません。そこが今現在の課題かなと思っています。

通常のマッチングにおいては日本クランと当たる確率は低く、ほとんどテンプレ配置が多いの

で練習にはなりません。

個人的には外部でのイベント戦のアンテナを貼り、積極的に参加させて頂ければいいなと。

また、クラン内の紅白戦等を企画し、全壊対策配置をつぶし合う。

色々と企画でできればなと考えています。

時期的に、受験やテスト等で忙しいですが、4月以降やりたいなと!!

以上、ありがとうございます。



ありがとうございます。アンパンマン★のKINGと申します。

2015年振り返ってみると、個人的には充実したクラクラライフでした。

クラクラ界でもTGSやClash Conなど大規模なイベントも多く、大変盛り上がったんじゃないかと思います。

私が所属しているアンパンマン号★についても振り返っていこうかと思います。


1.クラメンの固定化と意思疎通の向上


クラメンとのお付き合いは古参メンバーで約1年半程となります。
クランチャットだけではなく外部アプリでもつながっており、日々戦術面や、その他クラクラの事、プライベートな事まで話す仲となり、大変良好な関係を築けているんじゃないかと感じています。
その中で、リ-ダー、サブリーダー間でも組織としてうまく構築できており、来年も引き続き運営できればと思っています。

また、新規に入ったクラメンもチャットで盛り上げてくれたり、戦術面の考察など貢献してくれた事は大きな力になりました。


2.クランレベル制導入により対戦への意識が変わった


今年に入ってから、クランレベルが導入され当クランはレベル7になりました。目標にしたのはレベル5。

そこまではTH10のメンバーに負担がかかっており、なんとかレベル5迄は上げたい一心で頑張ってきました。

レベル5になったときは感慨深いものがあったと記憶しています。

クランレベルは対戦に勝たないと大きくあがりませんので、勝利目指してクラメン一同が一喜一憂し星一つの獲得に向け戦術を再考し、勝つ事への意識を高めていくことができたんじゃないかと思います。

これからも次に繋がるような対戦をしていきたいと思っています。


3.交流クランさんとの合同対戦や紅白戦による交流


親しくして頂いた、ぽこのり様、ジーク・ミオン様。ありがとうございました。

やはり紅白戦が1番楽しかったです。白熱した展開でギリギリの攻防。全てが新鮮でした。今後とも宜しくお願い致します。

今年の後半からは、チーム津軽様、チームたくみち様との合同対戦。快く迎えて頂き、楽しく交流させて頂きました。毎月の恒例イベントとして楽しみにしております。12/29も頑張ります。

そして、アンパンマン号Active様。当クランリーダーのkatupai氏の村にマルチで攻めて頂いたことにより合同対戦が実現しました。クラン勝利数が当クランの倍以上、実力の違いを思い知らされました。

今後ともお付き合いの程、お願い致します。


4.今後の課題

先日の大型アップデートによりTH9の全壊難易度が落ちました。私自身TH9なので、そこからの見解なのですがTH9、TH8についてはパーフェクトをとらないと勝利は厳しいものになるかと思います。

一人一人の技術の向上、情報の共有が課題です。私自身ももっと積極的にクラメンに話しかけどうすれば全壊がとれるようになるのか。マルチで資源を稼ぐためにはどうしたらいいのか。等話し合っていきたいなと思っています。

個人的にもTH9全壊を突き詰めていきたい。また、イベントも数多く開催されており、私自身も数回参加させて頂きました。
関係者の方々、本当にお世話になりました。今後も積極的に交流できればと思っています。




最後になりますが、来年もクラクラ漬けの毎日になることは変わりないかなと思います。

クラメンのみんなとより良い環境作りを目指していきつつ楽しめたらなあと思っています。

以上、ありがとうございます。


↑このページのトップヘ